中でも夜の10時〜2時までの4時間は肌のゴールデンタイムと言われており、肌の生まれ変わりが更に活性化します。

この240分間に眠ることが一番効き目のあるスキンケアの要だといえます。

形成外科とは違って美容外科が損壊などのない健康な体に外科的施術を行う美のための行為であるのに、やはり安全性の意識がおろそかにされていたことが一つの大きな原因だろう。
美容外科というのは、いわゆる外科学の中の一分野であり、医療を目的としている形成外科学(plastic surgery、plastic…形を作る、surgery…外科)とは別種のものである。
また、整形外科学(orthopedic surgery)とも混同されがちだがこれはまったく分野が違っている。
メイクアップでは傷などを隠す行為に重きを置くのではなく、リハビリメイクの力を借りて最終的には患者さん本人が自分の容貌を認め、社会生活への新たな一歩を踏み出すこと、かつQOLを上げることを目的としています。

例を挙げれば…今、パソコンを見つつ頬杖をついているかもしれませんね。
この体勢は手の力を最大限に頬に伝えて、肌に対して不必要な負荷をかけることに繋がっています。

押し戻してくる皮膚のハリ。
これを保っているのは、美容成分でおなじみのコラーゲン、つまりはタンパク質なのです。

スプリング役のコラーゲンが安定して肌を持ち上げていれば、嫌なたるみとは無縁でいられるのです。